第11回特別弔慰金請求書の受付開始について

更新日:2020年04月01日

戦没者等の遺族に対する特別弔慰金

先の大戦で公務等のため国に殉じたもとの軍人、軍属及び準軍属の方々に思いをいたし、その遺族に対して戦後20周年、30周年、40周年、50周年、60周年、70周年という特別な機会をとらえ、国として改めて弔慰の意を表するため、戦没者等のご遺族に、特別弔慰金(記名国債)を支給するものです。
平成27年の改正法による第十回・第十一回特別弔慰金については、ご遺族に一層の弔慰の意を表するため、償還額を年5万円に増額するとともに、5年ごとに国債を交付することとされました。

第十一回特別弔慰金の請求受付は、令和 2 年 4 月 1 日から令和 5 年 3 月 31 日までです。
第十回特別弔慰金の請求受付は、終了しました。

第十一回 特別弔慰金

弔慰金ポスター

基準日:令和2年4月1日

請求期間:令和2年(2020年)4月1日(水曜日)~令和5年(2023年)3月31日(金曜日) 
※前回に引き続いて受給される方も、改めて請求手続 きが必要です

額面:25万円(年5万円×5年償還の記名国債)

 

 

 

 

 

 

弔慰金ポスター(PDF:480.1KB)

弔慰金リーフレット(PDF:227.1KB)

支給要件

基準日(令和2年4月1日)において「恩給法による公務扶助料」や「戦傷病者戦没者遺族等援護法による遺族年金」等を受ける方(戦没者等の配偶者や父母等)がいないこと

支給対象者

戦没者等の死亡当時の遺族のうち、先順位者1名
※戦没者等との続柄などにより、請求できる順位や要件が定められています。
※請求する権利のある方が基準日以降に亡くなられた場合、相続人が請求できます。

★☆ 新型コロナウイルス 感染予防について ☆★

感染症予防対策として、窓口職員の健康チェック及びマスクの着用、定期的な換気・カウンターの消毒などを実施していますが、来庁される皆様も、以下の点にご協力ください。

【令和2年度当初の4月・5月は、窓口は相当な混雑が予想されます】
・特別弔慰金の支給対象となる方は高齢者が多く、重症化リスクも高いことから、令和2年度当初の混雑時期を避けてご来庁ください。
・外出の際はマスクを着用し、手洗い・手指の消毒をこまめに行いましょう。
・風邪の症状や発熱があるなど体調がすぐれないときは、外出を控え様子をみましょう。

まずはご相談ください

請求者の状況により、手続きに必要な書類が異なります。窓口でご遺族の状況を詳しく伺いながら、請求書の作成方法や提出が必要な戸籍書類等をご案内しますので、運転免許証などのご本人確認書類と、戦没者等の死亡当時のご遺族の状況(氏名・死亡日等)を記したメモや、前回の裁定通知書等の資料をお持ちください。
状況により、一度の来庁で請求手続きが完了しない場合もありますので、ご了承ください。
高齢で外出が困難などご本人が来庁できないときは、代理の方に手続きをお願いすることも可能です。この場合はご本人が委任状を作成して代理の方にお渡しください。窓口では、委任状と代理の方の本人確認書類(運転免許証等)を確認させていただきます。

基本的な持ち物

本人確認書類 (運転免許証など公官署発行の顔写真付のもの。顔写真付のものがない場合は、健康保険証と年金証書など2点)
印鑑 (記名国債の償還手続に使用するもの。スタンプ印は不可)
請求者の現在戸籍 (令和2年4月1日以降の状況がわかるもの)
※請求者の状況により異なる各種提出書類は、窓口でご案内します

 

 

この記事に関するお問い合わせ先

保健福祉課
〒633-1302 奈良県宇陀郡御杖村大字菅野1581番地
保健福祉医療総合センター内
電話番号:0745-95-2828(内線:600、610~613)
ファックス:0745-95-6011

メールフォームからお問合せする