トップ > くらしの情報 > くらしのガイド > むらづくり振興課 > 特産品開発支援事業補助金について

むらづくり振興課

特産品開発支援事業補助金について
むらづくり振興課

 

 

特産品開発支援事業補助金とは

村内で生産された農林水産物を活用し、魅力ある特産品を創出し、農林水産業の振興に寄与すると認められる村内の事業者等が行う開発事業について補助金を交付します。 

 

 

対象となる方 

村内に住所を有する法人その他の団体及び個人。ただし、次に掲げる者を除く。

(1) 宗教活動又は政治活動を主たる目的とする団体

(2) その他申請を受けることが適当でないと村長が認める者

(3) 同補助事業による補助金交付を受けたことがある者

 

 

  

対象経費

次のとおりとし、開発に要する必要最小限の経費を補助するものとする。
 

①謝金…専門員・指導員等への謝金

②旅費…専門員・指導員等の派遣旅費等

③原材料費…開発に必要な最小限の原材料費。パッケージ等を含む。

④委託費…外注加工費(パッケージ等の印刷費を含む。)技術コンサルタント料・試験検査手数料など対象事業の一部を委託する経費

⑤雑費…開発に要する資料等の購入費

⑥その他…村長が認める経費

 (注)次に掲げる経費については補助対象外とする。
①事業実施団体の構成員に対する謝金、賃金や旅費等
②既存の機械装置等の代替え及び目的外使用のおそれがあるもの
③他の助成事業により実施中又は完了している事業を本事業に切り替えて行うもの
④販売活動までに及ぶ大量の生産に要する原材料費又は、広告宣伝費
⑤開発に係る会議費や通信運搬費などの事務的経費
⑥その他村長が不適切であると認めるもの

 

 

補助額


対象経費の2分の1以内の額(1,000円未満の端数があるときは、 切り捨てる。)

 

 

上限額

20万円

※ただし、助成金の交付は、1事業者につき一度限りとする。

 

 

交付申請手続き

 

 

 

 

 

交付申請

 

 

 

 

 

 御杖村特産品開発事業補助金交付申請書(様式第1号.docx)を村長が定める期日までに提出してください。

 
審査・交付決定

 御杖村特産品開発事業審査委員会を開き、補助金の可否について審査し、その結果を通知します。

 
実績報告・交付請求
  

事業完了後、村長が指定する日までに、御杖村特産品開発事業実績報告書(様式第4号.docx)に、次に掲げるものを添えて村長に提出してください。

(1) 事業により開発された特産品の見本又は試作品

(2) 事業に要した費用の領収書

(3) 事業の成果を説明する補足資料

 
交  付
 請求書にご記入頂いた振り込み先に振り込みます。

 

  

特産品開発事業審査基準

 必須条件

 村内で生産された農林水産物を活用した特産品であること。

 新規性

 新しい発想やアイデアがあること。

 地域性

 1 名称や意匠に本村との関わりが見込めること。
 2 村内での加工又は製造が見込めること。
 3 地域の課題解決や活性化につながる取組であること。

 創意工夫性

 1 品質が優れていること。
 2 類似商品と比較し、個性や特徴が認められること。

 実現性

 1 具体的かつ計画的な事業計画があること。
 2 事業に対する熱意や意欲が感じられること。

 発展性

 1 本村の特産品として、将来的に流通していく期待が持てること。
 2 生産又は製造体制において、持続的な取組ができる期待が持てること。

 

  

助成金の返還

次のいずれかに該当するときは、補助金の交付決定が取り消され、返還が求められます。 

(1) 偽りその他不正の手段で補助金の交付を受けたとき。

(2) その他補助金の交付が適当でない事実が明らかとなったとき。

 

 

 

お問い合せ先

むらづくり振興課 0745-95-2001(代表)

トップページ | 個人情報保護方針 | サイトマップ | アクセス | お問い合わせ