トップ > くらしの情報 > くらしのガイド > 住宅環境 > 既存木造住宅耐震診断助成事業について

住宅環境

既存木造住宅耐震診断助成事業について
むらづくり振興課

  既存木造住宅耐震診断助成事業

  この制度は、いつ起きてもおかしくない東海・東南海地震などの大規模地震に備え、木造住宅の耐震化を促進するため、建築してから一定の期間を過ぎた木造住宅を対象に耐震診断員を派遣し無料で耐震診断を行うものです。

 

◇申込期間

 平成27年11月20日(金)

 

◇募集件数

 5件(先着順で受付、募集件数に到達した時点で締め切ります。)

  

◇対象となる方

 住宅の所有者で次の条件を全て満たす方

 ・御杖村に住所を有する方

 ・村税を滞納していない方

 

◇対象となる住宅

 御杖村内にある既存木造住宅で、次の条件を全て満たす住宅

 ・村民が自ら所有し、居住する住宅

 ・昭和56年5月31日以前に建てられた木造住宅

 ・地上階数2以下の一戸建てで、延べ面積が250㎡(約75坪)以下の住宅

 

◇派遣する耐震診断員

 木造住宅耐震診断員として奈良県に登録されている建築士

 

◇診断方法及び内容

(財)日本建築防災協会が定める木造住宅の耐震診断及び補強方法に規定する「一般診断法」により判断します。「一般診断法」では、耐震診断員が床下や天井裏の目視、簡単な計測器での測定や設計図等により調査し、

「倒壊しない」・「一応倒壊しない」・「倒壊する可能性がある」・「倒壊する可能性が高い」の4段階で評価します。

 

◇申請方法

 既存木造住宅耐震診断事業助成申請書.pdfに必要書類を添付して提出して下さい。

 必要書類等、詳しくは耐震診断助成申請の流れ.pdfをご覧下さい。

 

◇申込み・お問い合せ先 

 御杖村役場むらづくり振興課    電話番号:(0745)95-2001(内線132)

トップページ | 個人情報保護方針 | サイトマップ | アクセス | お問い合わせ