トップ > くらしの情報 > くらしのガイド > 産業・雇用 > 人・農地プラン

産業・雇用

人・農地プラン
産業建設課

人・農地プランについて(新規就農・農地集積・融資制度等への支援)

 

 平成24年度から国(農林水産省)が事業をスタートさせた「人・農地プラン」は、地域の高齢化や農業の担い手不足が心配される中、5年後、10年後、誰がどの農地を引受け、地域農業を担っていくのかを取りまとめるプラン(計画)です。

 プランには、農業の担い手(農地の引き受け手)を「地域の中心となる経営体」と呼び、農地の集積計画や利用図を作成し、地域における将来的な農地利用の「設計図」を描いていく様式となっています。

 「人・農地プラン」に農業経営体として掲載されることを「プランに位置づける」といい、それぞれの立場によって、さまざまな支援事業や制度が用意されています。

 詳しくは農林水産省ホームページをご覧ください。

 

 

 

☆御杖村 人・農地プランを策定しました!!

 

 平成25年3月11日に御杖村人・農地プラン検討会を開催し、審議の結果、「人・農地プラン(案)」について適当と判断されたことから、村では平成25年3月15日にプラン策定としました。

 「人・農地プラン」に位置づけられることにより、青年就農給付金、農地集積協力金、スーパーL資金の優遇制度といった支援が受けられます。

 なお、策定したプランは役場産業建設課で閲覧できます。

 

※検討会構成委員= 集落営農組合代表・農産物加工組合代表・農業委員4名
  認定農業者及び農家代表・JA奈良県農協東宇陀経済センター
 

奈良県東部農林振興事務所・御杖村役場産業建設課(事務局)

  以上14名

トップページ | 個人情報保護方針 | サイトマップ | アクセス | お問い合わせ