トップ > くらしの情報 > くらしのガイド > 住宅環境 > 空き家バンク > 空き家を売りたい/貸したい方

空き家バンク

空き家を売りたい/貸したい方
むらづくり振興課

 空き家を売りたい/貸したい方へ

全国各地で空き家が増加しており、御杖村の地域でも空き家を目にするようになってきました。村ではそういった空き家を移住希望者の受け入れ先として有効に活用することで、地域活性化および定住促進につながると考え、「空き家情報バンク」の推進をおこなっています。
随時登録物件を募集していますので、売却または賃貸を行う意思のある物件を所有の方は、むらづくり振興課までご連絡ください。

 

空き家情報バンクとは?

空き家物件の賃貸または売却を希望する所有者から空き家について情報をいただき、村と空き家の仲介に関する協定を結んだ宅地建物取引業者を通じて「空き家情報バンク」に登録し、村のホームページなどを用いて移住および定期的な滞在を希望する方に紹介するシステムです。

 

登録できる物件は?

  • 村内にある空き家

※賃貸することを目的に建てられたアパート、マンション、長屋については、空き家情報バンクへの登録はできません。
※所有者が、不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第6号に規定する暴力団員であるときは登録できません。
※老朽化が著しいもの又は大規模な修繕が必要なものはご登録いただけない場合があります。

 

空き家に人が住むと

家屋に風が通ることにより、家屋の劣化や傷みが抑えられ、価値が保たれます。
また、地域の防犯・防災対策を図ることができます。
 

 

「空き家情報バンク」への登録手続き(売り手・貸し手)

1.登録希望

売却または賃貸を行う意思のある空き家について、「空き家情報バンク」に登録を希望する旨をむらづくり振興課にご連絡ください。
物件の場所や形態、売却か賃貸の希望、所有者、住所、連絡先などをお伺いし、現地確認の日程調整を行います。また、現地確認の際は、鍵の開閉およびお立ち合いをお願いいたします。
なお、空き家情報バンクへ登録ができるかの判断は、宅地建物取引業者との現地調査後に行いますので、ご了承ください。

※大規模改修が必要なものは、ご登録いただけない場合がございます。

 

2.登録申込

空き家情報バンクへの登録は、「御杖村空き家情報バンク登録申込書(様式第1号)」及び「御杖村空き家情報バンク登録カード(様式第2号)」を村作り振興課へご提出ください。

※登録内容に変更が生じた場合、速やかに「御杖村空き家情報バンク登録事項変更申請書(様式第4号)」により届け出てください。

 

3.調査・現地調査

登録申請のあった物件に対して、村の担当者と、仲介に関する協定を結んだ宅地建物取引業者(指定宅建業者)の二者がお伺いし、物件についての詳細確認(相続関係、抵当権、建築基準法や都市計画法の関係法令など)や、今後の手続きのご説明、希望売却・賃貸価格の設定、間取りの確認、写真撮影などを行います。物件の間取り図等がございましたら、当日ご持参ください。

 

4.物件登録

調査の結果を受け、御杖村空き家情報バンクに登録することが適当と認められる物件は、御杖村空き家情報バンク登録データベースへ登録します。登録された所有者には、「御杖村空き家情報バンク登録完了通知書(様式第3号)」を通知いたします。

 

5.情報発信

村は、登録した物件情報についてホームページなどを活用し、村外の利用希望者を中心に情報を発信します。

 

6.問合せ・物件確認

空き家情報バンクによる利用希望者が現れたとき、村の担当者と指定宅建業者が物件の案内や交渉を行います。

 

7.契約

指定宅建業者を仲介として所有者と利用希望者で売買契約書、または賃貸借契約書を交わしていただきます。
・契約が成立したときは、仲介業務を行う宅地建物取引業者に対し、宅地建物取引業法第46条第1項の規定による国土交通大臣が定めた額の範囲内で仲介手数料が必要です。
・空き家情報バンクに登録していただいても、利用希望者が現れない場合は、売却または賃貸を行うことはできません。
・村は物件の交渉・仲介には介入いたしません。

 

様式ダウンロード

 

申請書

ダウンロード(PDF)

御杖村空き家情報バンク登録申込書

様式第1号

御杖村空き家情報バンク登録カード

様式第2号

御杖村空き家情報バンク登録事項変更届出書

様式第3号

御杖村空き家情報バンク登録抹消届出書

様式第7号

 

【お問い合せ】

御杖村役場 むらづくり振興課

TEL : 0745-95-2001

トップページ | 個人情報保護方針 | サイトマップ | アクセス | お問い合わせ