トップ > くらしの情報 > くらしのガイド > 税金 > 固定資産税 > 家屋の評価のしくみ

固定資産税

家屋の評価のしくみ
住民生活課

固定資産評価基準に基づき、再建築価格を基準に評価します。

 

新築家屋の評価

評価額 = A 再建築価格 × B 経年減点補正率

A 再建築価格
評価の対象となった家屋と全く同一のものを評価の時点において、その場所に新築するものとした場合に必要とされる建築費です。

B 経年減点補正率
家屋の建築後の年数の経過によって生ずる損耗の割合。

 

新築家屋以外の家屋(在来分家屋)の評価

評価額は、新築家屋の評価と同様に求めることとなりますが、その額が評価替え前の評価額を超えることとなる場合は、通常、据え置かれます。

トップページ | 個人情報保護方針 | サイトマップ | アクセス | お問い合わせ