トップ > くらしの情報 > くらしのガイド > 税金 > 村民税(住民税) > 「ふるさと納税」(個人住民税の寄附金控除)について

村民税(住民税)

「ふるさと納税」(個人住民税の寄附金控除)について
住民生活課

1.「ふるさと納税」制度の概要

 「ふるさと納税」制度は、愛着のある故郷(ふるさと)に貢献したい、応援したいという皆さまの想いを実現するため、 応援したい自治体へ寄附をした場合、その寄附金の一定限度額を、今の居住地の住民税などから控除できるしくみです。
※2千円を超える寄附を行った場合、寄附金から2千円を引いた額について、個人住民税所得割の概ね1割を上限として、所得税と合わせて全額が控除されるものです。
 


2.対象となる都道府県・市区町村の範囲

個人住民税の寄附金控除は、御杖村をはじめ、すべての都道府県・市区町村が対象となります。

寄附先は自由に選ぶことができ、寄附を行う方の出身地や、過去の居住地などによる制限はありません。

寄附先の団体数にも制限はありませんので、複数の都道府県・市区町村に対して寄附を行うことができます。

 


3.控除対象額について

所得税は寄附を行った年分の所得税から控除され、個人住民税は寄附を行った年の翌年度分の個人住民税から控除されます。

■控除額の計算方法については、こちらを御参照ください(総務省HP)


■家族構成、給与収入、寄附金額ごとのモデルケースについては、こちらを御参照ください(総務省HP)
 


4.自己負担額2千円以内で御杖村に寄附を行える寄附金額の目安

 

■自己負担額2千円以内で行える寄附金額の目安については、こちらをご参照ください。
寄附金控除の目安.pdf


 ■自己負担額2千円以内で行える寄附金額の目安は、試算シートを活用し把握することができます。
ふるさと納税:税金控除額計算シート(エクセル)

 

トップページ | 個人情報保護方針 | サイトマップ | アクセス | お問い合わせ