トップ > くらしの情報 > くらしのガイド > ごみ・リサイクル > ごみ・資源の収集・分別について

ごみ・リサイクル

ごみ・資源の収集・分別について
住民生活課

御杖村は、3R(リデュース:廃棄物の発生抑制、リユース:再使用、リサイクル:再資源化)を推進します。
御杖村では現在、空きかん・鉄くず類、空きビン・ガラス類、陶器類、電池、蛍光灯の資源分別収集と燃やせるごみの収集を行っています。

 

PDFファイルはこちら

 

平成29年度 燃やせるごみ収集カレンダー.pdf

 

 

ごみ・資源の分別方法について

ごみはきっちりと分別し、次のルールを守って正しく排出しましょう。

祝日の場合はごみ収集カレンダーでご確認下さい。

 

 

1.燃やせるごみの分別
 
一般ごみ
収集日 毎週(月曜日・木曜日)詳しくは収集カレンダーをご覧下さい。
収集場所 東宇陀クリーンセンター指定収集場所
品目 日常生活から発生する燃やせるごみ
収集する もの 生ごみ、紙コップ等の紙類、木くず類、プラスチック、革製品、靴、ビニール製品、ポリ容器類、紙おむつ、発泡スチロール類、たばこの吸い殻、ぬいぐるみ、カーテン、掃除機のごみ等
出すときの注意
  • 指定のごみ袋を購入して使用して下さい。指定袋以外は収集しません。
  • 生ごみは十分に水切りを行って下さい。
  • 金属、金具のついている物は必ず外して下さい。また、空きかん等の燃えないごみも絶対混入しないで下さい。これらが入っている場合収集しません。
  • 天ぷら油は凝固剤を使うか、新聞紙や布にしみ込ませて下さい。
  • 中身が見えないと収集に危険が伴いますので、袋の中が見える状態にして下さい。
 
粗大ごみ
収集日 年3回
収集場所 東宇陀クリーンセンター指定収集場所
品目 一般家庭から発生する大型の燃やせるごみ
収集する もの 木製の家具類、木製の建具類、布団類、じゅうたん・カーペット類、マットレス(スプリングの入っていないもの)等
出すときの注意
  • 指定の燃えるごみ用シールを購入し、貼り付けて下さい。シールのないものは収集しません。
  • 2人で持ち上げられる程度の大きさを一応の目安として下さい。
  • 付属のガラスや金具等、不燃物は必ず外して下さい。また、マットレス・ソファーの中のスプリングも抜き取ってから出して下さい。取り外した不燃物は燃えない資源物の収集日に出して下さい。
 
2.不燃ごみの分別

空きかん・金物類
収集日 毎月26日
収集場所 地域等指定収集場所
品目 一般家庭から発生する金属類
収集する もの 一般家庭から発生する金属類
ハサミ、やかん、なべ、フライパン、空きかん、傘の骨組み、包丁、かま、くわ、ストーブ、電子レンジ、自転車等
出すときの注意
  • 指定の袋に入る大きさのものは、カン用袋を購入し使用して下さい。指定の袋以外は収集しません。 
  • 缶の中身は水洗いして下さい。汚れている場合、缶の中に異物が混入している場合は資源となりません。
  • 傘は骨組みだけにして下さい。
  • スプレー缶や卓上ボンベは穴をあけて出して下さい。
  • マットレスは中のスプリングのみ出して下さい。
  • 自転車・三輪車はタイヤを外して出して下さい。タイヤは収集できません。
  • 電化製品は買い換え時に販売店に引き取ってもらって下さい。
 
びん類
収集日

毎月26

収集場所 地域等指定収集場所
品目 一般家庭から発生するびん類
収集する もの ジュースびん、ドリンクびん、調味料びん等
出すときの注意
  • 指定のビン用袋を購入し使用して下さい。指定の袋以外は収集しません。
  • びんの中身は水洗いして下さい。汚れている場合、ビンの中に異物が混入している場合は資源となりません。
  • プラスチック製品(ペットボトル等)は燃えるごみです。
  • 上蓋は仕分けして下さい。
  • 割れたビンや陶器類は混ぜないで下さい。
 
小型家電製品
収集日 毎月26日
収集場所 地域等指定収集場所
品目 ほとんどがプラスチックで構成されている電化製品(一般家庭から発生する小型家電)
収集する もの 電気ストーブ、除湿器、扇風機、掃除機、ドライヤー、電話、FAX、電気コード類
出すときの注意
  • 電化製品はできるだけ買い換え時に販売店に引き取ってもらって下さい。 
  • 小さい電化製品は透明の袋に入れ指定のシールを購入し、貼り付けて下さい。
  • 大きい電化製品はリサイクルシールを貼り付けて下さい。
  • シールのないものは収集しません。

 

 
粗大金属類
収集日 毎月26日
収集場所 地域等指定収集場所
品目 一般家庭から発生する粗大金属類
収集する もの

1人でさげる事のできる程度の粗大金属類

スチール棚、はしご、マットレス(スプリングのみ)・金属製建具等

出すときの注意
  • 粗大金属類は1人で持ち上げられる程度の大きさを一応の目安として下さい。
  • 粗大金属類は指定のリサイクルシールを貼りつけ出して下さい。
  • プラスチック類は取り除いて下さい。 
 
電池・蛍光灯.乾電池
収集日 年2回(収集日の前日に出して下さい。)
収集場所 地域等指定収集場所
品目 一般家庭から発生する水銀含有物
収集する もの 乾電池、蛍光灯、電球、グロ球、蓄電池
出すときの注意
  • 自動車用等の蓄電池(バッテリー)は収集しません。
  • 蛍光灯は紙にまいて出して下さい。
  • 各種類ごとに割らずに出して下さい。
  • 肥料袋等破れにくい袋に入れ出して下さい。
 
陶器・板ガラス・瀬戸物・茶碗
収集日 年2回(収集日の前日に出して下さい。)
収集場所 地域等指定収集場所
品目 一般家庭から発生する陶器、板ガラス
収集する もの 茶碗、せともの、窓ガラス、ガラスコップ、割れたびん類等
出すときの注意
  • 植木鉢類、便器は収集いたしません。
  • 肥料袋など、破れにくい袋に入れて出して下さい。
 
 
 
3.収集できないもの
 
クリーンセンターへ直接持ち込むごみ
品目 多量に出るごみ、持ち込みのみで受け付けているごみ
持ち込めるもの
引越・大掃除等で出されるごみ、庭木の剪定、畳、小動物の死体、家屋の解体廃材(業者に委託されていないものに限る)
出すときの注意
  • 本人が直接クリーンセンターへ持ち込んで下さい。業者を通しての持込は受け付けません。
  • 持ち込む前に必ずクリーンセンター(92-2444)へ連絡して下さい。
  • 家屋の解体廃材は、家主本人が処理する場合は持ち込めますが、処理業者に委託 した場合は持込できません。
  • 小動物の大きさは猫程度の大きさまでです。
 
産業廃棄物
品目 農業系可燃ごみ、建築廃材等 
取り扱いできないもの
マルチ、ビニールハウスのビニール、苗ポット、大量の肥料袋等のビニール類、あぜシート、
農業系のプラスチック製品、工事などの事業活動に伴う産業廃棄物、事業に伴う産業廃棄物・家屋の新増改築及び模様替えに伴う建築廃材等
処理の方法
  • 農業系はお近くのJAもしくは購入先の販売店へ相談して下さい。
  • その他建築廃材等の産業廃棄物は、産業廃棄物処理業者へ依頼して下さい。
 
家電4品目・パソコン
品目 家電リサイクル法にて定められている品目
取り扱いできないもの
テレビ、エアコン、洗濯機、衣類乾燥機、冷蔵庫、冷凍庫、パソコン
処理の方法
  • 家電リサイクル法に基づき、購入店等で適切に処理して下さい。
  • 販売店等に相談して下さい。
 
その他
品目 その他取り扱いのできないもの
取り扱いできないもの
自動車部品、塩ビ管、大量の廃プラスチック製品、農機具、バイク、タイヤ、バッテリー、LPガスボンベ、農薬殺虫剤等の薬品類、塗料シンナー類、ガソリン・オイル・灯油類、ペンキ、営業用の機械・機器類、消火器
処理の方法
  • 処理業者か販売店等に相談して下さい。

トップページ | 個人情報保護方針 | サイトマップ | アクセス | お問い合わせ