トップ > くらしの情報 > くらしのガイド > 医療・健康 > 重度心身障害者老人等医療費の助成制度について

医療・健康

重度心身障害者老人等医療費の助成制度について
住民生活課

対象となる方
心身障害者医療費助成制度の対象となる障害を持つ方で、65歳以上の後期高齢者医療制度に加入している方、75歳以上でひとり親家庭等医療費助成制度の対象となる方が受給対象者となります。

 

申請手続き
・役場住民生活課の窓口で対象となる方が記載されている後期高齢者医療被保険者証・印鑑・振込先のわかる預金通帳等をご持参ください。

 

助成の内容
助成の対象は、受給資格者が加入している後期高齢者医療保険で保険給付の対象となった自己負担額です。

保険者より一部負担の還元金・家族療養附加金・高額療養費の給付がある場合は、その金額を差し引いた額を支給対象とします。
予防接種・健康診断などの保険給付以外のもの、健康保険適用外の医療費(自費)等や入院時の食事代は、助成の対象にはなりませんのでご注意ください。

助成額
保険診療医療費の自己負担額から定額の一部負担金を差し引いた金額を助成します。


一部負担金とは
・通院については、1か月1医療機関(診療科ごとに1医療機関)につき500円。
・入院については、1か月1医療機関(診療科ごとに1医療機関)につき1,000円。
(ただし、14日未満の入院の場合は、500円。)
・調剤薬局における処方の場合、一部負担金は発生しません。(全額を助成します。)


助成金の申請方法
・医療機関等の窓口で後期高齢者医療被保険者証を提示して診療を受け、健康保険の自己負担額を支払います。調剤薬局・接骨院などにもお忘れなく提示してください。
・助成金は、医療機関等から提出される支払明細書をもとに計算し、お支払いします。医療機関等からの書類が遅れたり、誤りがあった場合には、助成金の支払いが遅れますのでご了承ください。
・通常は、3か月後の月末までに一部負担金を差し引いた金額を助成金として、登録口座へ振り込みます。


こんな時はお届けください
・村内で住所が変わったとき
・転出するとき
・生活保護を受けるようになったときなど

トップページ | 個人情報保護方針 | サイトマップ | アクセス | お問い合わせ