トップ > くらしの情報 > くらしのガイド > 戸籍・住民登録 > 公的個人認証

戸籍・住民登録

公的個人認証
住民生活課

■公的個人認証サービス(電子証明書交付)

 

平成14年12月13日に「電子署名に係る地方公共団体の認証業務に関する法律」(「公的個人認証法」)が交付されたことを受け、平成16年1月29日に施行され、同日から公的個人認証サービスが開始されました。
 
 
■公的個人認証サービスとは
今後、住民基本台帳カードを利用して、自宅のパソコンからインターネットを通じて行政機関へ様々な申請手続きなどができるようになります。この際、他人による「なりすまし申請」や、送信データの途中改ざんを防ぐ必要があります。そこで、利用者に電子証明書を交付することで、全国どこに住んでいても利用者が安心して手続きを行えるようにしたのが公的個人認証サービスです。
 
※このサービスを利用するためには、あらかじめ住民基本台帳カードの中に電子証明書の格納が必要です。
 
 
■電子証明書の交付を受けるには
御杖村に住民登録されている満15歳以上の人で、住民基本台帳カードを所有されている人が申請者となります。電子証明書の新規発行を希望する場合は、原則として本人が住民生活課で手続きをしてください。
 
 申請手続きには、次の書類が必要です。
 
○電子証明書新規発行/更新申請書
○申請者名義の住民基本台帳カード
○本人確認書類(写真付住民基本台帳カード、運転免許証、パスポートなど官公署が発行した写真付で有効期限内の証明書)
 
※申請書は、住民生活課にあります。
※電子証明書の発行の際、パスワード(暗証番号・英数字4桁以上16桁以内)の設定が必要です。
※受付時間  月~金 午前9時から午後4時15分まで(土・日、祝日は除く)
 
 
■有効期間と手数料
電子証明書の有効期間は、発行日から3年間です。
ただし、住所、氏名に変更があった場合などの時は、失効します。
手数料として、1枚500円が必要です。
 
 
■公的個人認証サービスを利用するには
電子証明書の発行を受けた方は、今後、自宅などのパソコンからインターネットを使って行政機関に対して、申請・届出などをすることができるようになります。その際、電子証明書の発行時に配布される利用者クライアントソフト(CD-ROM)を、ご自身のパソコンにインストールするとともに、ICカードを読みとる装置(ICカードリーダライタ)が必要です。

トップページ | 個人情報保護方針 | サイトマップ | アクセス | お問い合わせ